Please reload

Follow Us

July 9, 2016

私は今、ニューヨークのはずれにある、ジャクソンハイツという地域に住んでいます。昔からいるニューヨーカーに言わせると、「危なくって住めない」と言われる、昔は麻薬やマフィアが運びっていた地域らしいです。その昔はアジア人が、そしてその後にイタリア系のユダヤ人が、そして今は中東の人たちがたくさん住んでいる、そんな地域です。しかしこの複雑な街の歴史のおかげで、今や世界で一番様々な多人種が住み着いている地域なのだそうです。その数350カ国!近所のスーパーでは英語ではない言葉で何やら書いてあったり、街行く人はサリーやターバンや、その他いろいろな民...

January 10, 2016

 

あけましておめでとうございます。

皆様はどのような新年を迎えられたでしょうか。

私はフランスから来ていた友達と一緒にニューヨーク マンハッタンのど真ん中にあるタイムズスクエアで年越しのカウントダウンを体験するという、なんともラッキーかつ楽しい幕開けでした。

 

昨年2015年は、振り返れば色々な人に助けられながらオペラの夢に向かって一歩前進できたとても幸せな一年でした。

 

その前の年後半くらいから、新鋭の作曲家たちから新作オペラ企画の誘いが幾つも舞い込んでくるようになってきて(うれしい悲鳴である。)、そんなたくさんの個性豊かな楽譜に埋もれ、...

August 30, 2014

残暑お見舞い申し上げます。

今年の日本は猛暑、それとは対照的に今年のニューヨークは肌寒いくらいの冷夏が続いておりますがかわらずお元気でお過ごしのことと思います。

私は今年アメリカに来て一番の忙しい夏、そしてまた楽しい夏を過ごしました。
と言いますのも吉報がありまして、8月8日9日にワシントンDCにあるケネディーセンター(ニューヨークで言うとリンカーンセンター並み、東京で言えば新国立劇場にあたるでしょうか?のような規模の総合文化施設。)でオペラの演出をさせてもらいました。作品は"Noli Me Tangere"というフィリピンの作...

December 28, 2010

クリスマスのネオンが一段と美しく輝く年の暮れ、私はついに大西洋を越えニューヨークにやってきました。 旅立ちの前は実は大変に悩んでいました。ヨーロッパ生活9年間を経て、ヨーロッパ生活や文化が既に自分の中にとけ込んでいましたし、クラシック音楽やオペラの生まれた場所、ヨーロッパを離れるのがなにより寂しかったのです。そんな私の相談に乗ってくれ、勇気づけてくれたたくさんの友達の後押しによって、私はなんとかヨーロッパ9年間分の荷物を整理し、ニューヨーク行きの飛行機に乗り込んだのでした。

 

最初の下宿先がメトロポリタン歌劇場にごく近かったこともあり...

March 2, 2010

愛すべきウイーン、もはやここで私は生まれたんじゃないかとすら錯覚しつつあった大好きな街、第二の故郷ウイーン。いつ訪れても同じ時を刻み続けているのではないかとすら思わせるこの美しき音楽の都ウイーンを離れる日は予想以上に早くやってきました。

2009年夏にたまたまひょんなことからフランスの太陽劇団の公演を観劇したわけですが、その想像を絶する演出技術の完璧さ、素晴らしさに私は非常に感動。公演終了後その場にいた総支配人兼女流演出家アリアン・ムシュキン女史に思わず弟子入りを申し込んだのでした。そしてその一週間後には、何か見えない力に背中を押され...

September 8, 2008

オペラ演出の勉強をすることを決意して、なけなしの貯金から片道の航空券を購入し(そのころはまだ韓国航空社で片道航空券を発売していた。)、心配する両親には「いつ帰ってこられるか分からない。帰りの切符が買えるようになったらね。」と言い切って右も左も分からぬ知り合いのほとんどいないベルリンへ、かばんひとつで威勢よく出かけたのは2002年の春のこと。

その当時はアルバイトも思うようには見つからず、住居も決まらず、生活費削減として交通機関は使わず広いベルリン中を、雨の日も、雪の日も、氷点下20度の寒空の中も、小さな自転車で移動、また食事はジャガイ...

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • YouTube Basic Square
  • Vimeo App Icon
  • Twitter App Icon
  • LinkedIn App Icon
Please reload

Recent Posts
Search By Tags
Featured Posts

オペラ修行の旅3 新たなる大陸へ ニューヨーク

December 28, 2010

1/3
Please reload

© 2013-2019 by Anna Etsuko Tsuri